企業研修ボイトレに行ってまいりました♪

先月のある日、倉敷市内の 医療法人至誠会 赤松病院さま に おじゃまいたしました。

こちらは、開院58年を迎えられる歴史のある産婦人科の病院で、約10年前より『接遇マナー委員』を立ち上げ、接遇マナー向上に取り組んでいらっしゃいます。

入院患者さんへのアンケートなども実施されており、『早口で説明がわかりづらかった』などの意見を受け、話し方の改善の必要性を強く感じていらっしゃり、

弊社にボイストレーニングのレッスンをご用命くださいました。

当日は、こちらでご勤務の看護師さんを始めとしたスタッフの皆様に向けてレッスンをさせていただきました。

内容は、体の作り,正しい発声を身につけていただくための体の使い方などの理論の説明から始まり、

実際に皆様にも体を動かしたり声を出したりしていただきながら、実践トレーニングにも取り組んでいただきました。

 

現場では どのような表情・声・話し方 が求められているのか。

       どのような言葉の使い方が円滑なコミュニケーションを生み出すのか。

ふだん感じていらっしゃる悩みをお話しいただきながら、これらのことを皆さんでお考えいただきました。

 

医療関係の皆さまに限らずですが、対お客様(患者さん)への接遇改善のみを追及しても、真の環境改善とは言えません。

そこ(会社・お店)で働くスタッフの方同志のコミュニケーションの向上は、同等に重要なことと言えます。

 

  ビアンフェ.が提唱するボイストレーニングは、

  単なる ●よく通る声 ●滑舌の良い話し方 などを目指しているわけではありません。

それらを身につけ、どんな自分になりたいのか。何をどう伝えたいのか。どんな職場環境を作りたいのか・・・。

  こういった目標を改めて明確にし、その実現のための手段をしっかりとお伝えしていきます。

 

 

スタッフの皆様が明日から気持ちよく業務に励んでいただける、たいせつなきっかけづくりのお手伝いになっていたら幸いです。

年別アーカイブ一覧

司会事務所ビアンフェ.

CakePHP(tm) : Rapid Development Framework